発祥

パンに肉や野菜などを挟んだ食べ物は古代から世界各地で食べられてきました。

古く知られていた食べ方はナンやピタパンのような平たいパンに具を挟んだものでした。

1700年代後半に英国で第4代サンドイッチ伯爵だったジョン・モンタギューはギャンブルに夢中で、一日中カードテーブルから離れられなかったため、きちんとした食事をとることができませんでした。彼はおかかえの料理人にパンに肉などの具を挟んだものを作らせて、ゲームをしながらそればかり好んで食べていたことから、当時の社交界でその食べ物が有名になり、彼にちなんでサンドイッチと呼ばれるようになったことがサンドイッチの名の由来と言われています。

由来

発展

その後英国のサンドイッチはヨーロッパ、アメリカにも広まり、手軽に食べられる食事として現在まで世界中で人気の食べ物です。国によってそれぞれ日本の食パンのようなソフトなパン、またフランスのバケットタイプのパン、ドイツ等のハード系のパン、メキシコのトルティーヤや、中東のピタパンなどパンの種類も様々で中に挟む具も肉、魚、野菜、ハーブ、スパイス、ソース等数えきれないほどバリエーションのある食べ物としても知られています。

Copyright © 2015 JAPAN SANDWICH ASSOCIATION All Rights Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle